Blender で N-GON って使えないの?

使えないの。

Blender version 2.37a では現在のところ五角形以上の形状は使えません。
その代わりに面を選択しやすくするために複数の面をひとつの面としてまとめる事ができる
F-GON っていう機能が申し訳程度に付いています。という僕の勝手な解釈です。

F-GON : Face GON らしいです。フェイクらしいです。本物じゃないらしいです。

と言う事を Maya 使いの人に教えてあげると軽くバカにされました。

この N-GON
Maya には当然付いてるそうです。
LightWave にも 9.0 から対応。他のソフトも対応してきてるようです。多分。

LightWave 9.0 新機能プレビュー
CINEMA 4D ハイライト
“Blender で N-GON って使えないの?” の続きを読む

Blender で UV マッピング

Blender では LSCM という UV を自動で展開してくれる機能があるようで。

Blender.jp – Blender関連文書-Blender2.34 UV展開

LSCM(Least Squares Conformal Map: 最小二乗法による等角マップ)は任意のサーフェスを展開する能力がある、新しいUVツールです。ローカルな角を保持することにより動作します。他に存在するUV展開と同じように、単にFaceSelectMode内で選択されたFaceを展開するだけです。[U]キーを押し、”LSCM”を選択することによっても利用できます。

ここの LSCM UV Mapping というチュートリアルビデオが勉強になります。
blender3d.org :: Model/Material/Light