Blender で N-GON って使えないの?

使えないの。

Blender version 2.37a では現在のところ五角形以上の形状は使えません。
その代わりに面を選択しやすくするために複数の面をひとつの面としてまとめる事ができる
F-GON っていう機能が申し訳程度に付いています。という僕の勝手な解釈です。

F-GON : Face GON らしいです。フェイクらしいです。本物じゃないらしいです。

と言う事を Maya 使いの人に教えてあげると軽くバカにされました。

この N-GON
Maya には当然付いてるそうです。
LightWave にも 9.0 から対応。他のソフトも対応してきてるようです。多分。

LightWave 9.0 新機能プレビュー
CINEMA 4D ハイライト

じゃあ Blender はどうなのよ。と。

Blender.jp – Blender関連文書-Blender2.35 リライトされたMesh編集 によると・・・

Fake polygons

Face選択最適化の最初のステップとして、同じ平面状にあるFaceの組をまとめることができます。単にFace群を選択し、[F]キーを押して下さい。選択されているFaceは一つのポリゴンを形成しなければならず、内部にVertexを持てないことに注意してください。

この新しいFGon(Fake-Gon、Face-Gonでもなんでも)機能は特にSubdivideやCutツール、SubSurfが作用するとき、現在は大きい面積のポリゴンのEdgeのHideの使用に制限がありますが、将来的には「本当の」n-gonスタイルのポリゴンに拡張される可能性があります。

将来的に本当の N-GON が実装されるかもしれない。ということですが。
最近出た Blender.jp – Blender関連文書-Blender 2.4 プレリリースノート にはそれらしい記述はありませんでした。
Blender で N-GON が使えるようになる日はまだ先の事かもしれません。残念。そして期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です